法律家主義┃離婚相談や相続対策は法制度を知ることでズバッと解決

専門家への相談

金持ちだけの話ではない

離婚

今年施行された相続税法の大増税により、かつてないほどの相続対策ブームとなっています。また終活の一環として、相続税が発生するかは別として相続対策を考える人も増加しています。 これまでは「死」へのタブー視、相続税は金持ちが払うというイメージから、一般市民が相続について考えることが少なかったのですが、先述した終活ブーム、相続税の増税により相続は誰にでも起こり得るという事、そして遺産相続争いは金持ちだけの話ではない事が広く知られるようになり、弁護士や税理士などへの遺産相続についての相談件数も急上昇しています。 自分の死後相続人たちが争う事ほど悲しいことはありません。そのために弁護士など専門家に相談してきちんと対策をしておくべきでしょう。

相続問題は複雑

遺産相続問題を弁護士に相談するメリットは多くあります。被相続人が生きているのであれば、後に争いにならないように遺言書などの対策をとることができますし、それに伴って税金対策なども可能です。税理士と連携している場合もあるので相談してみても良いですね。 残念ながら被相続人の死後、遺言書など何もなくてどうしたらいいかわからない場合も迷わず弁護士に相談しましょう。遺産相続、相続放棄など、どれも個人の感情、法律、お金などが複雑に絡み、また慎重な判断が必要になります。争いに発展する可能性が少なくても、一歩間違えれば争いになってしまうのが相続です。 最悪の結果にならないためにも弁護士のサポートは必須と言えるでしょう。